ROにパズドラに、他色々と楽しんでみようと思うブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
セティ・レポート2 (2010年1月17日のお話)
2010年01月19日 (火) | 編集 |
こんばんは、テオです(´ω`)
先日17日にフォルトゥーナ・フォレスティの公式集会があったのでそのときのことを
簡潔に綴ろうと思いますですよ。
.

と言うことでして。

1772
ここはどこー?

本日の集会には前回と同じ24人のセティたちが参加したようでして、
丁度良く2PTに分けることが出来て何よりでした。さて狩場のほうですが
今回はスピカさんの提案によりアカデミー内にあるダンジョンに訪れました。
このダンジョン、レベル55までしか利用できないダンジョンらしいのですが
アカデミー内にあるのでアクセスもしやすくまたデスペナがここでは発生しないとのこと、
更に2人以上のPTで訪れれば10分毎に属性付与サービスも受けられて
尚且つダンジョン内にはスケワカやらソルスケ、エギラにゼロムといった
高額カードを持つモンスターが配備されていると言うとても優れたダンジョンなのでした。
皆カードに夢を託し、いざハンティングの開始です(´ω`)

1773
そんな中テオは。。

ここ暫くのレベル上げ中にスティールを修得したのですが、エギラから装備品を
ゲットしてしまいました。初装備スティールが卵殻。。卵殻or2
狩りのほうはと言いますと回避修練を10まで上げたお陰でFLEEが160まで到達したので
囲まれさえしなければ各個撃破していけるのですが相変わらず低火力なのが
ちょっと辛いところです。現在所持している武器はゼノークc2枚挿し+ウルフc1枚挿しの
+6sスチレ。8%の確立で対象モンスターを毒化させるある意味オートスペル装備ですよw
暫くはこれで頑張らないといけないのですが将来的には+8↑の催眠術師の杖か
名声属性スチレを揃えたいところです。

1774
最後はみんなでスクショをぱちり。自分のところにカーソルを合わせたつもりでしたが。。

ところで最後にちょこっともにょもにょを一つ。今回のPT分けは丁度上下で
2列に並んでいたのを分けたようでテオは下のPTに属しました。で、PT名を見ると
「下々の者たち」。一方上のPT名は上流階級だかそんな感じのPT名でした。
まぁそのときの列が上下2列だったのと洒落を兼ねてのPT名であって
他意は無いとは思うのですが、上流階級と下々。。そのPT名の格差は
ちょっとどうかとテオは思うのです。神経質かと思われるかもしれませんが
セティ一族の中にはテオと同じように思っている方ももしかしたらいるかもなので
出来れば次回からはそういう感じの差別発言?みたいな感じに繋がるようなPT名は避けて、
PT名にももう少し気を配って頂ければなとテオは思うのでありました。
基本的にこういうことや愚痴に繋がるようなことはたとえその場で思いはしても
ブログに乗せることは無いのですが、今回は主催者のフォルさんや他の方々とは
違った方面から集会の風景を見て思ったことを書こうと思ったので
あえて書き綴ることにしました。当ブログを閲覧して下さる皆様方には
不快な思いをさせてしまうことと思いますが、どうぞご了承くださいです(´ω`;)
イベントを運営していく難しさなどはテオの人もLydia鯖では少数人数ながらエタノビギルドを
運営している身ですので少なからず分かっているつもりですし運営には極力協力していきたいと
思っております。ただそのためにはお互いのためにもたまに苦言を申し上げることも
あるかもしれないと言うことを理解して頂ければ幸いです。とまぁ、後半の文は
堅苦しくなってしまいましたが集会自体は和気藹々としながら楽しめましたですよ(´ω`)
そう言えばどなたかゼロムcをゲットされてましたなぁ。羨ますぃw
テオもデザートウルフで良いのでカードが欲しいところですが、果たして。。?
中にはぱんちゅを4、5枚もゲットされている猛者もいましたが、こっちはいらないやw
そんなこんなで都合1時間ほど狩りをした後集会は終了、解散するのでありました。
皆さんお疲れ様でした。こんな一日ですた|ω`)ノ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック